慈眼寺のしだれ桜

こんにちは。
さくらの満開情報から迎えて初めての週末ですね。
藤沢市内も今にも咲きだしそうなつぼみをたくさんつけた桜の木があちこちに♪
だいたいは3分咲きですが、市役所前の桜がとってもきれいに咲いていました。

のあたびでは桜が咲く時期になると、まだ見ぬ新しい素敵な桜スポット探しに大忙しです。
しだれ桜大好きなますいは、早速この春下見第1号となる、しだれ桜が美しいお寺にいってきました。

「木の下に 汁もなますも さくらかな 翁」
こんな芭蕉の句碑が境内に建立されている、慈眼寺(じげんじ)です。
埼玉県にある、1250年の歴史を持つ高野山真言宗のお寺で、
園内には彼岸桜系統のしだれ桜約50本植わっています。
ますいが訪れた時にはちょうど早咲きのしだれ桜が満開でした!

中には樹齢250年を超える市指定天然記念物のしだれ桜もあり、
高さも15メートルある美しい姿がとっても素敵なんです!
有名なしだれ桜は山間部の寺院にあることが多いのですが、この桜は普通の市街地郊外にあり関越道からも近いので、
立ち寄りやすいのもこのお寺のポイントです。

ぐるっと見渡す範囲くらいの広すぎない園庭にいくつものしだれ桜が境内に揺れていて、とってもきれいでした。